Blog

日本語って難しい!?

当然ながら私たちはお客様のホームページが完成して、
公開する前に複数名で内容のチェックを行います。
私自身は営業職なので、技術的な事やデザイン的な事は夫々の専門の人に
任せるとして、テキスト(=文章)確認を主に行うことになるのですが、
「日本語って難しい。」
と感じることもしばしばです。

一例を挙げると、「ら抜き言葉」
「見れる」「食べれる」など、常用化されているものもあり、
許容される向きもありますが、やはり正しい表記を行うに越したことは
ないはずです。

ただ、時折「ん?これはどっち?」と迷うこともあり、
調べてみても、上一段活用、下一段活用、カ行変格活用の動詞には、本来、助動詞「られる」のみが接続され、助動詞「れる」は接続されない。
って何のコトかわかりません。
これでは見分けができません。

そうこうしていると、ありました!明確な見分け方が!!

その方法は、「勧誘の形に変えるだけで区別できる」というもの
喋る→喋ろう
食べる→食べよう
のように「ろう」になるなら「ら」は不要
「よう」になるなら「ら」が必要
なので、
喋れる
食べられる
ですね。

上記にも増して複雑なのは敬語表現なのですが、
それはまたの機会に・・・。

  • Knowledge DEPOT
  • サポートサイト