Blog

googleアナリティクスで押さえておきたい機能①「アドバンスセグメント」

今回は、googleアナリティクスは導入しているけど、デフォルト以外の機能は使ってないという方には押さえてもらいたい、「アドバンスセグメント」をご紹介します。

■そもそもなぜセグメントが必要?

WEBサイトでは、様々な目的を持ったユーザーが訪れます。
探している内容、持っている悩み、検討具合も異なれば、そもそも間違って訪れてしまったということもありえます。
もし、やみくもにアクセス解析を総数だけで判断してしまっているのであれば、様々なユーザーを混同して捉えている可能性もあります。

そこで、セグメントが必要になります。
セグメントとは、ある属性によってユーザーをカテゴライズすることです。
カテゴライズすることで、総数を見るより具体的な分析が可能になり、
課題を抽出し、仮説を立て、検証することができます。

■早速アドバンスセグメント機能を使ってみよう!

①まず上にある「<」の下向きの矢印を押します。
※モザイクばかりですいません!
resource_1

②ずらーっと一覧が出てきます。
resource_2

③使用したいセグメントを選び、ドラッグ&ドロップするだけです。
resource3

④セグメント完了!
resource_4

■慣れてきたら自分で作成してみよう!

アドバンスセグメントの条件は自分で作成できます。
今回は一例として、「検索ワード」でセグメントする設定を紹介します。

①矢印をクリックし、その下にある「+新しいセグメントを作成」をクリック
resource_6

②条件をクリックし、フィルタ「キーワード」を選択、そしてテキスト欄にキーワードを入力
resource_5

最近のSSL導入で、大打撃を受けている設定ですが、使えるうちはかなり有用なセグメントです。

この他にも条件を複数入力したり、色々な設定が可能です。
切り込んだセグメントを作成し、より優れた仮説を立てられるよう試していきましょう!

デザイナー募集
  • Knowledge DEPOT
  • サポートサイト