Blog

企業のキャッチコピー

先日知人が企業のキャッチコピーで違和感のあるキャッチコピーがあると話していて

ちょうどその企業のCMを見たときに私もなんだ?このキャッチコピーは、と思っていただので

その話題で盛り上がりました。

家電メーカーの「シャープ」の新しいスローガンなのですが、
(新しいといっても数年前に変更していたようなのですが、)

“目指してる、未来がちがう。”

なのです。

なんかとっても違和感が。。。

以前の「目のつけどろこがシャープでしょ」の方が断然いい気がする!

意味合いは↓だそうです。

目指している未来のイメージが、
他とはちょっとちがうからこそ、普通なら思いもつかないようなことを実現し、気がついたら世の中の当たり前にしている。
「シャープがあって良かったね」と思われるような存在に、もっともっと近づいていく。
さまざまな事業を通じて、そんな新しいメーカーになりたいと考えています。

どうしても消費者と企業との向う未来が違う、としか思えないキャッチコピー。。

私的にはアサヒビールの

「すべては、お客様の「うまい!」のために。」

ぐらいの直球なコピーが好きです。

もうひとつ企業ではありませんが、昔「月桂冠」の商品コピーが今も忘れないぐらい好きです。

「夫婦の次は何になろ」

「私の趣味はあなたです」

とっても映像と音楽とコピーがマッチしていて一番大好きなコピーです。

誰もが分かりやすい、そして奥の深いキャッチフレーズって本当に難しいと思います。
その一文で企業のイメージが決まってしまうし、でもその一文で感動も与えられるなんて
本当に文字の力はすごいな、、、と思った今日この頃でした。

  • Knowledge DEPOT
  • サポートサイト