Blog

ホンダのキャッチコピーはサイコーにちょうどいい

兄の子供が今月25日で1歳の誕生日を迎えるので、Rodyを送りつけてやることにしました。

出会いの春ですね、どうも丸山です。

対象年齢3歳~なので2歳・3歳の誕生日プレゼントも兼ねています。

さて、今日はキャッチコピーのお話。

先日、インテックス大阪にてモーターサイクルショーが開催されました。

バイクが、好きだ

そこで各メーカーとも色々なキャッチコピーを出していました。

よくモーターメーカーはキャッチコピーが中二病と言われます。

■自動車メーカーのキャッチコピーが中二病すぎる
http://matome.naver.jp/odai/2134695076270705001

二輪と四輪ではキャッチコピーはやや変わってくるのですが
…今回比較的BMWがこれに近い印象。。。

挑戦という名の、終わりなき旅へ。BMW Motorrad。
<挑戦という名の、終わりなき旅へ。BMW Motorrad。>

BMWは二輪界で「長く乗るならビーエム」と言われ、主にツアラー向きと位置づけされています。
パーツ供給も国産であれば10年程度だが、30年でもOK!との噂は広まっています。
(実際のところはどうかはわかりませんが…。)

僕はホンダ党って事ではないんですが、ホンダウイングのデザイン・カラー、その他企業理念など相対的に「好き」です。

そして…

ホンダのコピーって、なんかイイよね!といつも思います。

冒頭の画像でもあるようにホンダの今年の二輪でのキャッチコピーは…

バイクが、好きだ。

直球ど真ん中。

当たり前のことを具現化するようなコピーがHONDAには多く、個人的にはいつも胸ぐらをグッと鷲掴みにされてしまいます。

2輪界での各メーカーは

■男KAWASAKI
■変態SUZUKI
■優等生HONDA
■玄人YAMAHA

・・・と言われています。

これは車体性能に対してユーザーからでよく言われる事なんですが、果たして企業として提案されているコピーはどうでしょうか。

そこで、これまでに僕が胸ぐらを鷲掴みにされたコピーを並べてみます。

まずは鷲掴みされる軽ーいジャブ。

Drive Your Dreams.

これは無味無臭な感じ。

The Power of Dreams

ちょっぴり力強くなったかな?

Do you have a HONDA?

だいぶ柔らかい印象になってきた。
CMで「日曜日よりの使者」が流れてた印象が懐かしい…


やはり英字になると、雰囲気はいまいち伝わりづらくなってしまいますね。

ここら辺りからでしょうか。

どんどんホンダのキャッチコピーが親しみ易くなってきたのは。

走れ!家族の好奇心!(ゼスト)

どこか遠くへ行っちゃおうぜー!ってノリが感じられます。

HOP! STEP WGN(ステップワゴン)

完全ダジャレ。

思いたったが吉日生活(フィット)

「これは車両のフィットそのものには触れていないのでは?」と思わせながらも、雰囲気で押し通られるコピー。

いいクルマが好きだ。男ですから。(オデッセイ)

これをレクサスが言うと「どうだ!」って感じですが、オデッセイと言うから価値がありますね~。

NEW NEXT NIPPON NORIMONO(NBOX)

車体のN BOXの「N」を最大限に活かしたコピー。
これはコピーから車体名称が作られたような経緯を感じられます。

This is サイコーにちょうどいいHonda!(フリード)

このフリードが発売の頃、車のコーティングの仕事をしていたんですが、発売当初
「コンパクトカーとワンボックスの間の“中途半端なサイズ”」といったイメージがありました。
同時に「でもなんだか運転しやすそうなサイズ感」とも感じていました。
そして、CMで「This is サイコーにちょうどいいHonda!」と聞き、納得。
確かに“ちょうどイイわ!”と。


どうですか?このわかりやすさ。

コンセプトから繰り出されるキャッチコピーだからこそ“響く”のが身に沁みて感じますね。

今年のホンダはF1復帰(多分エンジン供給のみ)も表明し、あのマクラーレンがもう一度!と胸踊る話題もありました。

「NSX」も新しくなる話題もあったため、今後の発展にますます期待が掛かると同時に…

いつまでも、目線の揃った親しみやすいコピーを作り続けてほしいと願います。

20130321-3

ではまたv(´∀`*v)

  • Knowledge DEPOT
  • サポートサイト