Blog

”やり切る”ってこういう事なんでしょうね

毎日暑い日が続きますね、暑いと集中力がなくなって何もかも中途半端で投げ出したくなります。

そんな時にある人のこんなエピソードを聞いて自分にを入れました。

少し長くなりますがご紹介したいと思います。

突然ですが、僕もO脚なんですが、その女の子もO脚だったようです。

しかも小さい頃から股関節脱臼を繰り返して、さらに小学校5年生のときに交通事故にもあっている。

でも、その子は高校で陸上部へ入部。

そして卒業後も、走ることを続けたいと彼女は実業団入りを考えます。

しかし、大御所の実業団に入れるわけがありません。

そんな時に助けてくれたのがこの友人の一言。

「リクルートという会社が新しいクラブで陸上部ができた。
いま5人ぐらいいるけど走りたい子をほしがっている、誰でもいいみたいよ」

でも、もちろん誰でもいいわけではなかった。

彼女は断られます。それもそのはず。

彼女はその辺の中学生や高校生よりも足が遅かったのだそうです。

当時の監督とその子の会話です。

「ところで国体何位?」

「すみません、出てないんですけど」

「あ、そうか、インターハイ何位?」

「インターハイ、出てないんですけど」

「あ、そう、そうか、あと何があるかなぁ。京都の駅伝、高校のときあったでしょう?」

「3年間補欠だったんですけども」

「……」

監督はこのときのことをこう語っています。

「うちのチームに入りたいと言ってきた時も、

実績がないからしばらく放っておいたんです。

でもしつこいんですよ、あいつ(笑)。

何回も電話をかけてくる。さらに大学の先生の紹介状まで書かせてきて、
その先生が僕の知り合いだった」

その紹介状には

「選手のマネージャーでもいいので使ってあげてもらえませんか」

とあったので監督はその子をひとまず採用することにした。

そして、練習で走らせてみると……

案の定、その子はみんなの最後をトコトコ走っている。

お、お、お、お、遅い!

でもその子は監督にこう言った。

「監督、オリンピックに連れて行ってください」

監督は「観戦にでも行くのか」と聞いた。

「違います。私は選手として行きたいんです」

その子の顔は真剣だった。

そしてこう言った。

「私はオリンピックで走るためにこの会社に入りました。
そのためだったらどんな練習にも耐えます。
私は他の人が一時間練習するなら、二時間頑張れますから」

私は他の人が一時間練習するなら、二時間頑張れますから……

その子の名前は有森裕子。

日本の陸上競技女子選手で、オリンピック

2大会連続でメダルを獲得したのは彼女だけです。

で、この監督が小出監督だったようです。

  • Knowledge DEPOT
  • サポートサイト