オンラインでのお打ち合わせが可能です。

神戸大学イノベーション 公開:2021年 / https://kobe-u-innov.jp


神戸大学イノベーション様は新しいかたちの産学連携・技術移転の創造を推進。大学のユニークな研究成果から新産業を生み出し、地域社会の持続的発展に貢献していらっしゃいます。新会社設立に伴い企業と研究者が繋がることができるWEBサイトを目指して、新規コーポレートサイトを制作しました。

Spec
Resposive web design / WordPress
Project member
Dr.坪内 / De.佐々木 / Eng.山尾

サイトデザインから感じる期待感

デザインの印象として、海外の大学サイトのようなシンプルで整った印象を持ちつつ、ベンチャーとしての挑戦心を、大きめの英字タイポグラフィや、整列されていない、重なりのあるレイアウトで表現しています。カラーは、ロゴの落ち着いたネイビーを入れつつ、明るめの青をアクセントに使用しています。

また、「結ぶ、つながる、循環、ふた葉」をイメージし、ドットの∞モチーフを配置しています。大学と産業界のつながりに貢献する企業であることが第一印象として伝わり、サイト訪問時に期待感を持っていただけるレイアウトにて制作しました。

ユーザーへ与える「信頼」と「安心」

「特許を取っても世に出ない技術が多いので、産学連携の社会的意義はとても大きい。研究者とターゲットの綱渡し役は非常に重要な役割である」このメッセージを伝えるには訪問したユーザーへ企業を信頼していただき、安心してお問い合わせしていただく必要があります。

そのためスムーズに相談しやすい動線設置を心がけ、ユーザーの悩みとサービスを結びつけるコンテンツ設計を行っています。

企業の方へ、研究者の方へ、起業に関心ある方へと相談軸で構成。具体的な流れ、サービスの特徴、知識コンテンツ等でページを構成し、事前知識が十分でないユーザーにもサービス概要が把握できるようになっています。

リリース済みの案件事例を、より詳しく掲載

「大学と産業界との繋がりが現在進行形で分かる」をキーワードに、事例コンテンツをアーカイブ化しました。ポイントとして、ただ結果を記載するだけでなく具体的な解決内容を記載することで、新規ユーザーに契約後のイメージを持ってもらいやすくし、新たな商談機会を生み出しています。

また事例検索用のソート機能は、ジャンルやサービス内容から選択できるので、ユーザーの関心のある情報にたどりつきやすい仕組みになっています。

求めるアソシエイト像を明確に

「お仕事の中で新しい知識をどん欲に吸収でき、課題解決のため柔軟な発想で様々なアイデアを提案できる方」積極性があり、自発的に行動できる人材を求めている神戸大学イノベーション様に合わせてデザイン設計いたしました。

様々な分野の課題解決に取り組み、多くの知識が求められるので、リクルートをメインターゲットに設定しています。そのためインタビュー内容には様々な観点から仕事内容を知ってもらうため、ベテランから新鋭まで幅広く配置しています。

仕様紹介

  • WordPress
  • レスポンシブウェブデザイン
  • コーポレートサイト

ウェブ制作のご相談・お見積り

“何をするかは問題ではなく、どんな風にするかが問題だ。”

甲本 ヒロト

untenna
サポートサイト
CEO blog