Blog

死んじまって、嬉しいぜ!

平野復興相の、
「私の高校の同級生みたいに逃げなかったばかなやつもいます。
彼は亡くなりましたけど。ばかなやつって、今、言ってもしょうがないんですけどね」
と言う発言が、物議を醸していますねぇ。

デキシーランド・ジャズのスタンダードに、
「I’ll Be Glad When You’re Dead, You Rascal You !」
という長い題名の曲があり、直訳すれば
「お前が死んじまって俺は嬉しいぜ、この馬鹿野郎が!」
ってカンジでしょうか・・・葬儀、葬送に使う曲であることから、
「嬉しいぜ」も「馬鹿野郎」も深い悲しみの表現として
逆説的に使われているコトは明らか。

先の、平野復興相の発言もニュアンス的には似たような印象を
受けたのですが、違うカナ?
ま、政治家はお互いの上げ足を取るのが仕事みたいなモンなので、
仕方ないんでしょうが、マスコミの報道の仕方も「どうなん?」ってカンジで、
個人的には「何が問題?」って思ってマス。

※上記の曲については、
沢木耕太郎氏著「バーボンストリート」って本に詳しいので、
「読書の秋」の一冊に、よろしければどうぞ。

Knowledge DEPOT
サポートサイト
CEO blog