Blog

【売上アップ5原則】新規顧客の獲得Ⅰ(第1法則)

500

2013年の年が明け、早いもので1ヵ月が過ぎようとしております。

2月は節分です。天満橋から豆まきしたいものです。同級生は前厄の年になり(私は早生まれなので、来年のようなのですが)、私の地元では厄除け善哉をふるまう風習があり、今週末はその準備に追われる営業の吉原です。

さて、今回は、前回の続きであります売上5原則を詳しくご紹介したと思います。

売上5原則とは…

  1. 新規顧客獲得
  2. 流出顧客の防止
  3. 購買頻度の向上
  4. 買上げ点数の増加
  5. 商品単価の向上

の5つのことであり、売上を上げるには、この5つしかないというものです。

本日は、その中で皆さんが最も多く考えられる「新規顧客の獲得」についてです。

売上アップ5原則「新規顧客獲得」Ⅰ

新規顧客とは、「今まで買ってくれたことのないお客様で、初めて買ってくれたお客様」のことです。

そう考えると、当たり前の話ですが、新しいお客様が増えると売上は単純にプラスされ、売上は上がります。
新規顧客を獲得するには、大きく分けて2つの手段があります。

1. 新しい顧客に到達するため、面を広げる

認知を上げる広告、販路を広げる新店・新チャネル、代理店展開をすることで、今まで到達していなかったお客様に到達させます。

2. 新たな用途を提案する

認知を上げる広告、販路を広げる新店・新チャネル、代理店展開をすることで、今まで到達していなかったお客様に到達させます。

現在の用途では魅力がないのなら、違う用途を提案・訴求することも有効です、「使い方」が新しければ、今までとは違う顧客が使ってくれる可能性があります。
そして、同時に「使いにくそう」「不便そう」などの買わない理由をつぶしていくことも必要です。

ターゲットを絞らず、ただ闇雲に、戦略もなく営業したのであれば、いくら行動しても結果には結びつきません。
新規顧客の獲得には、今一度、考えてみてください。きっと、新たな発見があるはずです。

次回は、新規獲得のテクニックをご紹介できればと思っております。
それでは、次回の講釈まで。

※「売上5原則」は、コンサルタントの佐藤義典氏が提唱しているモノで、これらの記事は氏の数冊の書籍から抜粋した内容になっております

  • Knowledge DEPOT
  • サポートサイト