オンラインでのお打ち合わせが可能です。

Blog

売上をあげるには

いや~めっきり寒くなって来ました。

そんな寒さを吹き飛ばす熱い漢、営業の吉原です。

昨日は、すごい偶然がありました。

昨日までは3連休ということもあり、家族サービスでどこか行こうと考え、大阪マラソンが開催されいるので、

大阪の人気スポット、ユニバーサルスタジオジャパンは、比較的すいているのではないかと思い、

家族で行って来ました。しかし、予想とは裏腹にかなりの人がいらっしゃいました。

さすが、人気テーマパークは違います。

まぁ、そんな人で溢れるユニバーサルスタジオジャパンで、弊社代表である「野田」とばったり会いました。

あれだけの人の中で会うとは本当に偶然です。社長も私もびっくり!

ちなみに、弊社の代表と私の誕生日も同じで(年は違いますが・・・)、何か運命的なものを感じた次第です。

さて、本日のコンテンツですが、「売上について」です。

前回は、企業が存続していくには、「継続的な利益が必要」とお伝えしました。

当たり前の話ですが、利益は売上を上げないと生まれません。

つまり、企業活動については、売上がベースとなるのです。

すいません。当たり前の話で・・・

では、皆さんは売上についてどんな戦術を取っていますでしょうか?

新規集客ですか?リピート集客ですか?それとも付加価値をつけての単価向上ですか?

売上といっても、企業様では様々な戦略で売上を構築しております。

皆さんの会社では、きっちりとした戦略のもと、事業を営んでいるでしょうか?

上記のように売上には様々なやり方があるのですが、今一度、貴社では戦術で売上を上げるか

考えてみてはいかがでしょうか?

そのためには、まずは、売上を構成される要素を考える必要があります。

またまた当たり前の話ですが、売上を構成する要素は、

「客数」と「客単価」です。

つまり、「売上」=「客数」×「客単価」という公式が成り立ちます。

皆さんでは、「客数」と「客単価」を分けて考えていますでしょうか?

「客数」「客単価」をさらに分解すると、

「客数」=「新規顧客」+「リピート顧客」-「流出顧客(一回きりのお客様)」

「客単価」=「一回当たりの購入数」×「一回当たりの購入金額」

※また顧客生涯価値という考えもあり、一人のお客様が、生涯をかけて購入する金額。

と、売上と一口に言っても、これらの要素が考えていく必要があるのです。

貴社では、どの要素を伸ばしていきますか?

次回は、これらの要素を踏まえて、売上を上げる方法についてお伝えしたいと思います。

それでは、次回の講釈まで。

Knowledge DEPOT
サポートサイト
CEO blog