Blog

ブラウザ上でインストール済みのフォントをタイピングテスト出来る「typezebra」

どうも、丸山です。

今日はクリエイターさん向けネタでいきます。

最近は割と少ないのかな?とも思いますが、一昔前は「変わったフォントを使うのが個性的」ともてはやされていました。

そもそも何の字を書いているのかさえ分からない。

でもそれが”イケてる”。

「個性的=ホームページとしての価値高し」なんて時もありましたね。

例えば・・・こんなの↓↓↓

zebra00

これでは雰囲気オンリーでさっぱり分からないですね~。

今では0とは言わないまでも、ノーマルなフォントが一般化され、より見やすさ(UI、UX)が追究されています。

しかし、そんな過去のブームによって、未だにその後遺症を受けている人が居ます。

そう、僕の事ですが…PC内のフォント数。

はるかに膨大。

photoshopのブラシやアクションにも当てはまりますが、収集癖のある方はどうしても知らず知らずの内に、数が膨大になってしまっています。

僕だけではないはずです。(と強く信じたい。。。)

もったいない精神が勝り「あれも欲しい、これも欲しい、もっと欲しい、もっともっと欲しいー」と甲本ヒロトのような事を言ってしまう方。

「欲しがりません勝つまでは。」の精神の微塵もない方。

そうなると、まずクリエイターさんが困ることは…

「フォント選びに膨大な時間を費やしてしまう…」

そんな事ないですか?

”慣れ”という事もありますが、これでは作業効率もガタ落ちです。

またデフォルト状態でのオーサリングソフトではフォントを選択するにもインターフェースの問題から、少々手間。(拡張することで改善出来る事もありますが…)

そこで、ご紹介したいのはコチラ↓↓↓

■ブラウザ上でインストール済みのフォントをタイピングテスト出来る「typezebra」
typezebra01

すんごい楽チン!

多量のフォントの中かたサクサク探せます。

ちなみに、僕のPC内のフォントは膨大で…

typezebra

スクロールバーがすっっっごい小さいw

そう、欲しがり屋さんです。

制作者の皆さん、是非一度試されてみてはいかがでしょうか~?

■ブラウザ上でインストール済みのフォントをタイピングテスト出来る「typezebra」

ではまたv(´∀`*v)

  • Knowledge DEPOT
  • サポートサイト