knowledge

初心者が使いやすい無料ブログサービスを比較してみました(2017年版)

初心者が使いやすい無料ブログサービスを比較してみました(2017年版)
WEBサイトの運用と並行して、ブログの更新やSNSの投稿は、今では欠かせないものになりました。ツイッターやフェイスブックの普及により「ブログ滅亡説」も囁かれましたが、やはりコンテンツとして残り続けるブログは、検索エンジンを基軸としたプラットフォームでは今なお健在のようです。
今回は「これから情報を配信していこう」「取り急ぎ今とは別に違うメディアが欲しい」という方のために、人気の無料ブログサービスを比較してみました。

無料ブログサービス比較(2017年版)

サービス別比較一覧

各サービスの仕様を比較した一覧表になります。

サービス名 容量 独自ドメイン アフィリエイト HTML/CSS編集
Amebaブログ 1TB 一部のみ 一部HTMLのみ
はてなブログ 300MB/月 有料
ライブドアブログ 無制限
FC2ブログ 10GB
LINE BLOG

無料ブログ 各紹介

1. Amebaブログ

アメーバブログ
サイバーエージェント運営する人気の無料ブログサービス「アメーバブログ」通常アメブロ。
芸能人利用が多く、会員同士でアクセスや足跡を残し合う特徴があり、コミュニケーション要素も非常に高いブログです。そのため他ブログに比べ、開設当初でもアクセスが集まりやすい傾向にあります。初めてブログを開設する方には「文字や写真を通してコミュニケーションを取る楽しさ」が実感しやすいかと思います。
反面、広告枠が非常に多く、オリジナリティを出しづらいのが欠点です。

Amebaブログ
http://ameblo.jp

2. はてなブログ

はてなブログ
はてなブログを語る上で欠かせない機能「はてなブックマーク」。ブックマークをオンライン上で共有するサービスで、記事へのブックマーク数を知ることができるため、記事単体の質を計ることが出来ます。その特徴から記事がよくバズりやすい反面、炎上もしやすいブログといえるでしょう。
他サービスよりも文章力や情報収集力の高いユーザーが多い傾向にあるため、旬の話題で勝負する必要があるかもしれません。文章中心のブログを検討されている方にはおすすめです。

はてなブログ
http://hatenablog.com

3. ライブドアブログ

ライブドアブログ
LINEの子会社にあたるライブドアブログ。
デザインテンプレートの豊富さやカスタマイズ性の良さからアフィリエイターの利用が非常に多い人気ブログです。何と言っても魅力的なのは「容量制限がない」ということ。初期に10GB設定なのですが、申請次第でいくらでも追加してくれる、という太っ腹ぶり!独自ドメイン所有の方は設定も可能なため、非常に拡張性に富んだブログサービスと言えるでしょう。

ライブドアブログ
http://blog.livedoor.com

4. FC2ブログ

FC2ブログ
ブログサービスの中でもトップクラスの利用者を誇り、その他にもレンタルサーバーや動画サービスの提供も行っているFC2が提供するブログサービス。
テンプレートが多くカスタマイズ性も高いため、少しの知識でも様々なカスタムが可能です。ただし1ヶ月以上更新しないと、大きな広告が強制的に表示されてしまうので、更新が滞りそうな方には不向きなサービスです。

FC2ブログ
http://blog.fc2.com

5. LINE BLOG

LINEブログ
芸能人や有名人にしか解放されていなかったLINE BLOGですが、2016年11月より一般開設になりました。
現在スマホ操作からのみのブログとなっておりますが、SNSの拡張版に近いサービスです。ハッシュタグやフォロー機能、いいね、コメント機能などコミュニケーションにも優れています。掲載できない業態として、ダイエット系やアダルト・出会い系・金融系などはNGとされています。あまり営業色の強い写真を使用した場合「削除」されることもあるそうです。

LINE BLOG
http://www.lineblog.me

番外編

従来の無料ブログサービスでは物足りない方は、こちらのサービスが良いかもしれません。

g.o.a.t

ビジュアルブログ g.o.a.t
KDDIウェブコミュニケーションが提供する、これまでにない新しい価値観を作り出す、デザイン性に非常に優れたビジュアルブログ。
無料で利用可能なストックフォトサービスや画像のフィルター機能も備わっています。現在β版でのリリースのみですが、今後どういった展開を見せるのか非常に楽しみなサービスです。
https://www.goat.at

note

note
文章をはじめイラストや音源など、クリエイターと読者をつなぐサービス、note。
コンテンツを切り売りする時代の先駆者とも言える当サービスです。記事を“本気で”コンテンツ化したい方にはおすすめです。
https://note.mu

まとめ

人気の無料ブログを紹介してみました。
広告制限のあるものからSNSの要素が備わったもの、独自ドメイン設定が可能なものなど、それぞれサービス毎の特徴がありますね。ブランディング、サービスの紹介、スタッフブログ、アフィリエイト・・・など用途は多くありますが、読者(ユーザー)あってのブログです。
番外編にあるnoteのように経験や体験を文字化し、コンテンツとして売り出すことも、今では当たり前のことです。
そのためにも自分が長く続けられる最も適したサービスを選択することでしょう。

ブログを通して何を実現したいかを明確にすることで、今後どういった機能が必要になるかわかってくるでしょう。今の自分と未来の目標に併せて最も適したサービスを選びましょう。

  • ITトレンド

この記事を書いた人

まるやまん / 広報・PR

SNSもチェックしてね!