knowledge

5Gって何がすごいの?4Gとの違いや未来に起こる変化を知ろう

5Gって何がすごいの?4Gとの違いや未来に起こる変化を知ろう最近、5Gってよく聞くけど結局は何?という疑問を持たれている方が少しずつ増えてきました。また、WiFiにも5Gという言葉が使われることもあり、混同されていることもあるでしょう。

今回は5Gとは何か、4Gとの違いや未来に起こりうる変化についてご説明します。

5Gの登場による未来を知ろう

5Gとは

5Gとは「5th Generation」の略称であり、「第5世代移動通信システム」を意味します。WiFi機器によってはアクセスポイント名に5Gと表記されこともあり混同しがちですが、WiFiの5Gは5GHz帯を指しているので、全く別物です。3Gから4G、そして4Gから5Gという形で通信速度や規格、対応するデバイスが進化しており、5Gでは今までの世代更新よりもさらにレベルアップすることが期待されています。

予測される開始時期はいつ頃か

3GPPと呼ばれる移動帯通信の標準化を行っている団体では2019年10月頃までに細かい仕様を確定する予定となっています。一般的には2020年春頃となっており、携帯キャリアごとに細かい日付や導入時期は異なるでしょう。

ただし、一社が5Gを開始することで、競争するかのように他社も開始する可能性も高く、前倒しで早くなる可能性も非常に高いです。

5Gを導入するきっかけや理由とは

IT技術の進歩によって通信速度を向上が見込めること、また昨今ではインターネット上のデータ情報量のトラフィックも増加していることが理由やきっかけと言えるでしょう。また、IoT機器やデバイスの普及や進化だけでなく、その他の技術の進歩により、リアルタイムでたくさんの情報をやり取りできる通信規格が求められていることも理由のひとつと言えます。

5Gを導入するキャリアについて

携帯キャリア大手3社、NTTドコモ、au、ソフトバンクはいずれも5Gの導入予定です。その他のキャリアについても、順次拡大することが予想されます。

現時点では大幅な値上げなどについての情報は見受けられませんが、5Gに対応する為の機器やインフラの整備を考えると基本料金の値上げ、5Gのみ別料金なども考えられるかもしれませんね。

5Gと4Gの違い

4G、すなわち第4世代移動通信規格と5Gの違いは大きく分けて3つになります。

  • 通信速度が格段に上がる
  • 同時接続数も増える
  • 遅延が少なくなる
  • しかし、4Gでも十分な速度だと感じている方も少なくありません。実際にどのような違いがあるのか、それぞれの項目について簡単に説明します。

    通信速度が格段に上がる

    4Gの通信速度は100Mbps~1Gbpsですが、5Gでは最大100Gbpsとなり「100倍以上」早くなると予測されています。例えば、4Gなら10秒かかるデータ通信も5Gであれば0.1秒未満、一瞬で終わる計算であり、コンテンツの表示やダウンロード時における「待つ時間」が限りなく少なくなります。

    同時接続数も増える

    IoTの普及に伴って、スマホやパソコンだけでなく、ワイヤレスの通信を利用する機器が増大しています。4Gや3Gでは対応できないような同時接続でも、5Gでは接続可能になります。

    遅延が少なくなる

    4Gでは10msの遅延がありますが、5Gでは1msに改善されます。遅延が少なくなることでリアルタイムにデータを送受信できるようになり、音や画像がズレることが少なくなります。ロボットの遠隔操作なども遅延が少なくなればなるほど有用性が高まります。

    5Gの普及で訪れる未来に起こる変化

    5Gが4Gよりも優れていることが何となくわかってくると、実際にどのような影響、どんな未来が待っているのか気になりますよね。次に5Gが普及することで未来に起こる変化について説明します。

    動的なWEBコンテンツが当たり前の時代へ

    WEBコンテンツは文字や静止画像が主でしたが、最近では動画によるコンテンツが非常に多くなりました。とはいえ、現在の4Gでは場所やデバイス、データ量によっては、モタついたり、重く感じてしまいます。5Gになれば動画もサクサクと動くようになり、”動かないWEBコンテンツでは物足りない時代”に突入するといっても過言ではありません。

    未来では「ダウンロードに時間が掛かる」という概念や「ダウンロード」そのものがなくなり、デバイスの記憶域を減らすことなく、気軽に大容量データを取り扱えるようになるでしょう。

    IoTやIT技術が進化してさらに便利になる

    5Gが普及すれば乗用車の自動運転やドローン、医療系技術やロボットやAIなど、現在の最先端の技術がさらに進化します。データ通信の高速化、遅延の軽減、同時接続数が増えるということは、無線でも有線と同じような動作、挙動が再現できるということです。

    例えばVRと手元のコントローラやハンドルで農業機器を動かしたり、人間の手や経験、判断を必要とする作業を遠隔操作で行えるということです。その他にも自動運転が当たり前になれば「昔の人は車を自分で運転してたんだって!」と驚くような未来が待っているかもしれませんね。

    まだ見ぬアプリケーションやデバイスの誕生

    5Gが普及し、当たり前になればデータのトラフィック総量がさらに増え情報の共有も加速するでしょう。今では当たり前のように子供から大人までスマホやタブレットを使いますが、一昔前なら想像もできないことでした。技術の進化と5Gによって、未来では今では考えれないくらいに面白いアプリケーションや便利なデバイスが誕生し、きっと当たり前になっていくのでしょう。

    未来に生まれる新しいアプリやデバイスの誕生に期待するとともに、新しい技術に順応できる姿勢や態度、わくわくする気持ちを忘れないようにしたいですね。

    まとめ

    5Gが普及することで、通信速度のアップ、遅延の低減など体感的な部分だけでなく、今までの通信速度では不可能だったことが可能になる未来が見えてきました。

    今、現在の当たり前が古いものとなり、未来にある「当たり前」が少しずつ近づいているように思います。例えば、固定電話やFAX、携帯電話やポケットベル、EメールやSMS、LINEやSkypeなど無料の音声や動画による通話など時代を経て変化したように、コミュニケーションするツールも5Gによってさらに変化するでしょう。

    その他の分野も同じように、目に見えていないだけ、当たり前に感じているだけで様々なことが進化、変化して行きます。5Gの普及によって世界にどんな変化が訪れるのか、どんなテクノロジーが生まれるのか、どんな未来になるのか非常に楽しみですね。

    • ITトレンド

    この記事を書いた人

    UNIONNET Inc. /

    UNIONNETの制作実績